インターネットFAXではなく電話で用件を伝えて欲しい

こちらの意見を全く聞かず、ただ文句を一方的に言ってくる方が多いです。
例えば、借りていただいている部屋についてのクレームを、「なんという物件か?」「何号室か?」「名前は?」など聞いても答えずただ文句をつけてきます。

こちらは担当ではない旨を丁寧に伝え、物件の担当者に電話を繋げると伝えても、「繋げなくていい。待てない。とりあえずいまこういう状況だからきてくれ」などと一方的な要望を出してきます。

また、電話機に番号が表示されていればいいのですが、表示されない場合もあるので(特にPHS・携帯からだと表示されない模様)、折り返し先を念のため教えて欲しいと伝えても教えてくれない方もいらっしゃいます。

たしかに不便な思いをさせてしまったことに対してはこちらが悪いので申し訳ないのですが、それにしても、一般常識として、名前を名乗ったり、相手の話を聞くということは当然のことと思います。
「お客様は神様」という固定概念がまだ染み付いてしまっているような方は扱いが厄介です。

 

‪「自由なイメージで作って下さい」と任せてきたので、 提案も含めてテイスト違いのものを何案か提出したら「どれも何か違うんだよね〜」と一蹴してくる。
じゃあどういうのが好みなのかと、こちらがどうにかヒアリングしてかき集めた情報をもとに再度何案か提出すると、それで創作力を刺激されたのか、ダサくてショボい改善案を提案してくる。結果最初に出したものより改悪されたものが商品として出回るので最悪です。
完成ビジョンが無いくせに見切り発車で依頼してきて、修正につぐ修正をしたのち、結局一番最初の案に落ち着くのも今やあるあるになっていますが腹立たしいです。

また全ての人がそうではないですが、他業種の方から聞いた話に比べ、圧倒的に男尊女卑です。
そうでなければ真逆に、女性慣れしていないせいでまともに話してもらえないこともあります。

ただしどちらにも共通しているのは、基本的に物の言い方が失礼で、メールや仕様書での誤字も非常に多いという点です。
インターネットFAX比較ガイドなどでネットFAXも覚えたようで、会議も好きで、時々先方の会社に呼び出されますが身のある会議であることが少ないです。
電話でいいだろ!といつも思います。‬